医師

更年期障害にストップを|心が蝕まれる前に

閉経に伴う体調不良

ウーマン

更年期障害とは、女性に起こるもので、閉経に伴い体内の女性ホルモンのバランスが崩れることで起きるさまざまな体の不調のことを指します。閉経は個人差が大きいですが、多くは50歳前後に起きるので、更年期障害は40代半ばから50代半ばまでの女性に起きやすいです。体に異変が起きない人もいれば、日常生活が送れないほどの重篤な症状を起こす人もいます。更年期障害の症状としては、自律神経の不具合が原因のほてりや発汗、冷えがあげられます。動悸が激しくなったり、頭痛やめまいも引き起こします。また、身体的な不調だけでなく、精神不安定になったり記憶力が低くなったりといった精神的な不調もみられます。更年期障害は閉経に伴う女性ホルモンの減少から生まれるので、新しいホルモンバランスに体が慣れれば自然と治るものです。症状を軽くするには、体調を整える漢方が効果的とされています。

更年期障害に効果的なのが漢方ですが、漢方は飲めばすぐに効果が出るようなものではありません。習慣的に飲み続けることが大切です。ただ、3日飲んでどうしても口に合わない場合は使用を止めます。3週間飲み続けてみて様子を確認し、3か月続けて医学的な効果を見ます。漢方は市販でも手に入りますが、更年期障害のために医者に処方された漢方なら保険も適用され安価で手に入ります。漢方は症状に合わせて選択されるだけでなく、その人のもともとの体質や体格に合わせて配合されるので、漢方医に任せた方が最適な漢方薬を処方してもらえます。医者に行くほどでもないという人ならば、包括的に配合された更年期障害用の市販薬もあります。また、症状が重く即効性を求める人は、ホルモン投与によるホルモン治療もオススメです。

鼠径部のヘルニア

手術室

鼠径ヘルニアは腹膜や腸の位置がズレてしまい、皮膚の下に露出してしまう病気です。乳幼児に多い病気と認識されがちですが、実際は成人以降に多く見られる病気です。基本的には手術以外の治療方法がなく、生活の質を保つ為にも早めの行動が推奨されます。

詳細

年々増加傾向にある病気

眠る女性

食道がんは、男性に多い癌とされています。食道がんの内科・消化器内科での治療は外科手術、放射線治療、化学療法を、患者の状態や癌の進行程度によって組み合わせるのが基本です。早期に発見できた場合は、内視鏡手術も可能となります。

詳細

胃に発生する癌

注射

がんの中でも死亡者数が多い病気には、胃がんが挙げられます。この病気は主に中高年が引き起こしやすいもので、塩分が多い食生活などが原因で症状が現れると言われています。

詳細